敏感肌にはクレンジングはクリームかミルクがおすすめ

敏感肌は外部からの刺激に敏感になっている状態ですが、原因は肌のバリア機能の低下です。


通常肌は水分と油分がバランスよく保たれていて外部の刺激から肌を守ってくれますが、何らかの原因で肌表面の水分と油分のバランスが崩れて肌のバリア機能が乱れてしまいます。

敏感肌のクレンジングのおすすめの有益情報を見つけよう。

通常では気にならない刺激でも過敏に反応してしまいます。


症状は赤みやかゆみ、ほてり、かぶれなどですが、急に化粧品が合わなくなってしまうこともあります。

敏感肌の人にはメイクを落とすときには拭き取りタイプのクレンジングを使うと刺激が強く避けた方が無難です。

拭き取りタイプが便利なアイテムですが、肌に摩擦がかかってしまって肌への負担が強くかかってしまいます。

洗浄力の高いクレンジングには、油分や界面活性剤が多く含まれています。界面活性剤は肌に負担が大きく敏感肌の場合には避けるべき成分です。

油分によって、肌のセラミドなどの細胞間脂質や天然保湿因子そして皮脂膜を洗い流してしまいます。
乾燥を防ぐために洗浄力が強いクレンジングオイルや油性のジェルは敏感肌には向いていません。

洗浄力は弱いですがミルクやクリームタイプがおすすめです。
クリームタイプよりもミルクタイプのものの方が肌への刺激が少ないためよりおすすめです。



ミルクは肌への負担が少なく、洗浄力は弱いですがパウダーファンデーションやお湯で落ちるタイプのマスカラ、アイラインは十分落とすことができます。



ミルクを選ぶときにはできるだけ香料や添加物が含まれていないものを選びます。
さらに保湿成分が配合されているものを選ぶことがおすすめです。メイクを落としているときにはコストを気にして少量しか使っていないと、手と肌の間に摩擦が発生してしまい擦って刺激となってしまいます。


十分な量を使える価格のものを選ぶようにします。